プリーペーパーのコンテスト「ARUNO AWARD 2012」にエントリーしています!

  • ブックマーク

 

ある日、私のもとに届いた一通のメール。

タウン誌・フリーペーパーの祭典に参加しませんか?

よくある迷惑メールかなぁと思ったのですが、よくよく読んでみると、
「経済産業省」が後援するとか、新人賞他各部門の賞金は5万円、大賞は15万円とか!(笑)

で、エントリー費用が3000円だったので、ことり会メンバー1人1000円支払って
参加しますか~ということになりました。

他にエントリーしているフリーペーパーを見ていると、
発行部数、ン万部だとか、創刊何十年とか、
もう本気すぎて(もちろん私たちも本気ですが!) 、一緒に並んでいいですか?
と恐縮してしまいます。 

が、エントリーするからには、創刊2年以内の新人賞を狙おう!ということで。

賞金5万円をいただいたあかつきには、
次号の印刷代にあてよう!と早くも妄想が…。

というわけで、この賞は、読者の方の投票で決まるので、
いいな!と思ってくださった方、ぜひ「ことり会だより」に清き一票を(笑)

画面では赤枠で囲んでいますが、No.94にエントリーしています!
 

「誌面を見る」をクリックしていただくと、
ことり会だよりVol.2の中身が、こんな(↓)感じで、読めるようになっています。 

 

 

よろしくお願い致します★

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。