陶器のアクセサリー&アイシングクッキーのコラボ? とっても魅力的な展覧会をご紹介。

  • ブックマーク

今日から始まっている、とっても興味深い展覧会をご紹介します!

先日ブログでも紹介したアクセサリー作家・川勝慶子ちゃんのお友達、
陶器のアクセサリーブランド「arie:chtoma(アリエ・クロマ )」を手掛けている岡野真理絵さんと、 
え、こんなものまで食べられるの?というような、面白クッキーを作っているcookieboy さんの展覧会。

岡野真理絵さんのブランドは、慶子ちゃんがHPのモデルを務めていて、
前から作品を拝見していたのだけど、こ・れ・が、ものすごくきれいな作品で
いつか本物を見てみたいと思っていたので、これはチャーンス。絶対行きます!

作品はこちらで見られます→

チョウチョとか、キノコとか幼虫(!)といったモチーフを
すごくカラフルな作品に仕上げていて、それがハッとするくらいキレイ。 
もうホント目が奪われます。 

そして、cookiboyさんのことは、知らなかったんですが、
ホームページで作品を拝見したら、これまた目が釘付け!

こちら→

サイトによると、

cookieboyがクッキーにするのは普段食べることの出来ない身近なモノ。
カギ、ネクタイ、靴、椅子、王冠、、、、

とあります。

カメラ、眼鏡、松の盆栽などなど、そのデザインもたまらん可愛さな上に、
これが本当にクッキー?と驚くくらい、リアルに表現されているのもまた面白い。

おまけに、会場が「ギャラリー紅」って、「ラ・ヴァチュール」のお隣りじゃありませんか?
以前ブログでも紹介していますが、絶品タルトタタンがいただけるお店。

お楽しみがいろいろありすぎる展覧会。
今日から来週の日曜日までです。
 

以下DMより。

—————————————————————————- 

 cookiboy × arie:chroma

『 Tim and pop fellows ~ティムとポップな奴ら~ 』

 

アメリカ カリフォルニアの街に住む、パーティー好きのTimと
その周りのちょっと変わったキャラクター達のストーリー。

彼らの甘くて、ポップで、少しクレイジーな日常を
cookieboy の繊細なアートワークのアイシングクッキーと
arie:chtoma のつくる カラフルで楽しい陶器のアクセサリーで表現します。

今回のテーマに合わせた、cookieboy デザインの陶器 や
arie:chroma デザインのクッキーというコラボレーション作品も披露!

 

クッキーと陶器という一見かけ離れた2つのアートが作り出す、おもちゃ箱を開けたように
心浮き立つ世界の魅力をぜひ会場で味わって下さい。

6/1 (fri) – 10 (sun) 
Opening PARTY ! 6/1 (fri) pm.18:00-20:00

GALLERY BENI

am.11:00-19:00 月曜日定休日

〒606-8323 
京都市左京区聖護院円頓美町 47-5 京都グランドハイツ 1F 
Tel : 075-751-0591

—————————————————————————-

 

ワークショップもあるそうなので、興味のある方はぜひ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。