乙女のご朱印帖、ただいま製作中!

  • ブックマーク

フリーペーパー「ことり会だより」のデザインでお世話になっている株式会社フィールドさん
「ことり会」がコラボして、ただいまご御朱印帖を作っています! 

タイトルは「祗園祭で山鉾めぐり 乙女のご朱印帖」。
乙女っていうのが、ポイントです(笑)

先日、イラストレーターの辻ヒロミちゃんがイラストを手掛けた表紙があがってきたので
まだ発売前(というか、まだ作っている真っ最中)ですが、ちょっとお知らせ。 

お寺や神社での御朱印集めが流行っているようですが、
山鉾巡行で知られる山鉾にも、各山鉾ごとに御朱印があるって知ってましたか。
私はちっとも知りませんでした…(恥)

ご朱印帖は全部で3種類あります。

イラストやデザインもそうですが、中の紹介文等(私と山田ねーさん担当)も
女性の目線で、山鉾めぐりが楽しめるような仕上がりを目指しています。 

33基ある山鉾を、エリアで3つに分けて、
それぞれOLの長女ゆりこ、大学院生の次女はすみ、高校生の末っ子なでしこが
楽しみ方をナビゲートする…というスタイル。

表紙の女の子を見てもらったら分かると思いますが、みんな雰囲気が違いますよね。
一番上の女性は、姐さん!という印象だし、下のは女の子っていうイメージ。
こんな風に描き分けられる辻ちゃんは、すごいなぁって思います。 

値段/各500円(3冊セット1,200円)
販売期間/7月初旬~16日(月)まで。
発売場所はまた追ってお知らせしまーす。 

 

——–

 

お寺や神社が好きなので、訪れるたびにご御朱印集めしたいなぁとぼんやり思っていますが、
手元に置いておきたい、カワイイご朱印帖って、
本屋さんを探してみてもあんまりないんですよね。
社務所とかでも購入できますが、これがなかなかに渋いデザインで。

紅葉とか桜とか、ザ・和柄!というのより、
ポップな感じでカバンにしのばせておきたいと思えるようなご朱印帖が欲しい。

このご朱印帖は、祇園祭の山鉾専用ですが、
応用のきく、別のご朱印帖作ってほしいなぁと思ったりしています(勝手に)  

いつも宵山は、ちまきを購入したり、屋台のグルメを楽しんだりという感じですが、
今年はこのご朱印帖を片手に、ことり会メンバーで浴衣を着て各山鉾巡りをする予定です~。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。