サンタさんの存在。

  • ブックマーク
まだ暗い朝のうちから起きてきたよ。

12月25日、我が家にもサンタさんが来て、プレゼントを手にして喜ぶ子どもたち。お願いした通りの品が来て、大満足の2人。

4歳の娘。

9歳の息子。

なんだけど、果たして、これで良かったんかなぁ〜っと、今なんか悶々としている。

2人ともゲーム希望で、それらを手にした途端、ゲームに夢中で。ま、そうなるよね。特に息子は眼鏡をしていることもあり、視力も気になるし、あぁ、これは失敗だったかも知れないと今さらながら。

3人姉妹のお母さんである友達は、「サンタクロースがくれるのは本だけ」と決めていて、子どもたちがどんなにおもちゃがほしいと願っても、贈るのは本だけ。クリスマスの朝、子どもたちはみんな怒り狂ってる(笑)って教えてくれたんだけど。

クリスマスの朝、子どもの喜ぶ顔を見たくないと言う親はいないと思うけど、信念があってそれを貫いているのは、本当に偉いなぁっても思う。

単純に子どもの喜ぶ顔が見たくて、何にも考えずに欲しいモノを贈ったのだけど、ゲームにばかり夢中の子どもたちを見ていて、長い目で見て、果たして良かったのかなぁと、なんかモヤモヤしている昨日と今日。

10歳の息子は「サンタなんて、いないんでしょ。本当はお父さんとお母さんなんでしょ。だって人の家に勝手に入ってきたら、不法侵入やん!」とか言い出したので、「サンタを信じてる子のところにだけ、サンタは来るんだよ」とか言いつつも、もう限界だなと思った今年。

息子にだけ、サンタから「サンタクロースからのプレゼントは今年が最後だよ、もう卒業だよ」といった内容の手紙を添えたのだけど、それを読んだ息子、「やだー!無理!それだけは絶対無理!」と言っていたので、まだサンタのことは半分信じているのか?プレゼントが来なくなるのが心配で拒否しているのか…? 分かんないけど、卒業はできなかったよう。

来年、どうしようかなぁ〜。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。