今週の日曜日、駒井家住宅で、お茶会&生演奏イベントが開催されます。

  • ブックマーク

最近、駒井家住宅の原稿を書く機会があり、いろいろと検索していたのですが、
そしたら、なんとも素敵なイベント情報を見つけてしまいました!

なんと、あの、私の大好きな駒井家住宅で、お茶会、
しかも生演奏付きというのだから、行かない手はない。ということで、早速予約しました。

日時は、今週日曜日(5/13) 11:00~16:00

「小さなお子様連れの入館はご遠慮いただけますと幸いです」 という一文を読んで、無理だわぁ…と
諦めていたのですが、山田ねーさんに一緒に行こうと誘われ、思い切って行くことにしました。

そして、小さな子(息子)は旦那さんにお願いすることに。 
平日は丸々保育園に息子を預けているので、土日くらいは一緒にいてあげたい…。
という思いもあって、結構な罪悪感がありますが、許せ、息子。
一緒に行けたら、一番いいんですが、うーんやっぱりあの雰囲気は大人だけのモノ。 

主催しているのは、寺町二条辺りにあるセレクトショップ「torinouta」
素敵なお店であることは、いろんな雑誌等で知っているのですが、
趣のあるビルの2階にあって、入るのに勇気がいって、前を通ること数回、まだいけておらず。 

当日の詳しい内容はtorinoutaのブログでご確認を。
オリジナル商品の販売や、帽子のオーダー会なども開催されるよう。 

*予約 (torinoutaまで直接お問い合わせください →075-213-3912)
¥2000 (お茶・お菓子付き) 

*当日
¥2200(お茶・お菓子付き)

です。

イベントの収益の一部は、
駒井家住宅維持の為の寄付金として納められるというのも
すごく素敵だなと思います。 

ただひとつ問題は、ブログに「駒井家の雰囲気を楽しめるような、お気に入りの服装でいらしてください」
と書いてあったこと。何を着ていったらいいのか?こうなったら、着物か?ねーさん? (笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。