2012田んぼの学校、初日の取材、無事に終了。

  • ブックマーク

昨年に続き、宝酒造主催の田んぼの学校2012、今年も始まりました。
一時は、雨60%なんていう天気予報を大きく裏切り、
見事!晴れ間まで見えるくらいのお天気の中、1日密着取材してきました。 

私と宮本カメラマン(スタジオ彩稜)は、動画担当。

こちらが、スチール担当の深村カメラマン。先日の京都水族館取材でもご一緒させてもらいました。
自前の長靴とか、用意完璧。 

ノスタルジックな風景に出合い、パシャリと。

桜は、まだちょっと残ってました。

午後から、地元農家の方の協力を得て、いよいよ田植えスタート。

そして、私も長靴を借りて、田んぼの中へ。
今年の田んぼは、昨年よりも深く、泥の粘着力が強く、歩くのがなかなか難しい。
ぬかるみに足を取られ、ひざ上まできそうな泥に恐怖を覚え、
「こけるんじゃないか?」という不安感が半端なく、
取材というよりただ、こけずに戻るということだけに意識がいっていたような…。 

それにしても、田んぼの作業とか、自然観察とか子どもがはしゃぐのはもちろん、
その親もサポートしているスタッフも、みんながウキウキと楽しそうなのが、
すごくいいなぁと毎回思います。

また来月中に、デジスタイル京都で動画がアップされます。
ちなみに昨年の分は、こちらでご覧になれます。 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。