西陣織工芸美術館 松翠閣

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

3日間イベントの取材、疲れたー。
なのに、カメラマンときたら翌日も朝7時から撮影というから、
信じられない!なんていうタフさ。
見習いたいけど、見習えない。
私はもう今週は取材に行かず、ひたすら家で原稿書き。

で、3日間の取材中、とってもステキなところがあったので紹介。

西陣織など織物産業で栄えた西陣にある「西陣織工芸美術館 松翠閣」。
昭和初期の町家を改装したという館内には、
西陣織で作られた屏風や掛け軸、さらに世界の名画などが展示されています。

見えにくいけれども、クリムトの絵(上)だとか、
若冲の絵(下)だとか、どれも職人の技により
本当の絵画のように繊細な作品に仕上がっている。

開館10周年を記念して、奥の蔵では、
モネの睡蓮の作品が、壁一面を使って再現されています。

庭もステキだし、もう少し秋が深まればキレイな紅葉が見られそう。

さて、取材中、芸妓さんや舞妓さんにたくさん出会えました。
小さくてかわいらしい舞妓さんを間近に見て、
私も早く変身したい!と決意を新たにしたのでした。

西陣織工芸美術館 松翠閣
住所:京都市上京区寺之内通智恵光院東入ル北側
電話:075-431-1670
時間:午前9時30分~午後5時、一般200円

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします