「明日は梅雨かな〜」子どもたちのカワイイ思い違い。

広告

ここ最近、立て続けに我が子の可愛い思い違いに遭遇したので、メモ。

広告

明日は梅雨ではない

夫が、スマホで天気予報を見ながら「明日は大雨っぽいなぁ」とつぶやく。それを聞いていた息子が「それなら、明日は梅雨かなぁ」と言う。

明日は梅雨? …いや、今日も梅雨ですけど? まぁ、明日も梅雨は梅雨なんだけど。

その言葉に違和感を覚えて、突っ込んでみた。

あんた、梅雨を「台風」とか「晴れ」とかと一緒にしてない?

そして、よくよく聞くとそうだった。なので、説明をする。梅雨とはある一定の期間のことで、春とか秋とかと同じ部類に入る言葉であって、明日だけ梅雨とか、そんなことはないのだよと。

「へー、そうなん」と、息子からは対した反応もなかったのだけど、梅雨をそんな風に捉えていたとは、面白いなぁ…と思った日常の一コマ。

乗り物…か?

5歳むすめ画伯による絵。曇りが続く毎日なんだけど、この絵を見るとぱっと心が明るくなるようだ。

5歳の娘とお風呂に入ると、たいていクイズ大会となる。

クーイズ、クイズ、なーにのクイズ♪

と歌った後に、動物クイズとか食べ物クイズとか、出題者がどのジャンルに関するクイズを出すのかを言う。

そして食べ物クイズなら「あかくて〜、なかはしろくて〜、たべるとおいしい…」みたいなヒントを出して、クイズは進む(ちなみにこのクイズの正解はリンゴ)。

こないだは乗り物クイズが出された。

「しかくくて〜、水が入ってて〜、おおきいのりものなーんだ!」

消防車??火事を消すための水が入ってる??入ってないよねぇ…。

「ブブー!」

そして、嬉々として正解を教えてくれる。

「せいかいは、ぷーるでした〜!」

プール、プールは乗り物か?

「さらちゃん、プールは乗り物じゃないよ〜。そのクイズ絶対正解できないよ〜」

娘が保育園で入るプールは、夏の間だけ園庭にポンと置かれる仮設のもの。四角くて、大きい容器のようでもあるし、なるほどタイヤが付いていれば動き出しそうな形はしているが。

それにしても5歳児の頭の中で、プールが乗り物に分類されていたとは、面白い。

子どもたちの頭の中は、いったいどんな世界が広がっているんだろうなぁ。

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!