小さな子が書く文字のかわいさよ。娘5才1ヶ月の記録。

広告

5才になった娘が最近、ひらがなを覚えて書くようになり、ときどきお手紙をくれます。鏡文字を書いたりしつつも、だいぶ上手になってきました。

ゆうこ(←母を呼び捨て)

かわいいね
だいすき
☆(←練習して、最近ようやく書けるようになった星マーク)

息子は年長になっても、特に自分から覚えようとはせず、公文に通うようになってようやく書けるようになったのだけど、娘はしまじろうのこどもチャレンジの教材で勝手に文字を覚えて、書くようにまでなってくれたよ。しまじろうの力はすごいな。

右のお手紙には、「えるさ」と書いてある。何この文字、かわいい。この文字のフォントがほしいよ。

もうこれ以上、上達してほしくないような、それでは困るような複雑な気持ち。小学校上がるまではこんな感じで書き続けてほしい。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!