まいまい京都2017秋「北白川の乙女なカフェ・雑貨屋・洋館めぐり」無事に終了しました!

  • ブックマーク

京都の住民が京都を案内する「まいまい京都」。私のガイドするコース「地元京都本ライターと、北白川の乙女なカフェ・雑貨屋・洋館めぐり~オーナーのロマンを聞けば、お店がもっと好きになる!~」2017 秋の回が週末、無事に終わりました!

北白川周辺にあるお気に入りの雑貨屋さんやカフェ、レトロ建築などを2時間かけて巡るプチツアーです。

 

text by:江角悠子(@ezu1030

まいまい京都 2017秋

今回は今までで一番多い13人の方が参加してくれました!「いつもブログを読んでいます〜!」という方も参加してくださってて、とても嬉しかった。ありがとうございます!!

ツアーの内容は、こんな!

1.小さい部屋

2.ヒトテマ

3.ちせ

4.東アジア人文情報学研究センター(外観)

5.白川疏水道

 


6.駒井家住宅(見学)

7.銀月アパートメント(外観)

8.そうげんブロカント


9.そうげんカフェ → (解散)

 

この内容で回れるのは、実は今回が最後でした。

私の大好きな雑貨屋さん「小さい部屋」が、2017年12月25日をもって閉店されるとのことで(場所を変えてまた営業はされるそうで、それを聞けたときはホッとしたのですが)、このツアーは小さい部屋さんがあってこそ成り立っていると思っていたので、本当にさみしいなぁとしみじみ。

 

 

まいまい京都のガイドを終えての感想は月刊マガジンにも書いたのですが…


今回、最後のアンケートでとてもいい評価をしてもらえて、一番低い人で7、あとは8や9、最高得点の10点の人が半数くらいと今までで一番評価してもらえていたようで、ホッとしました。

それなのに、私はもっともっとうまくできたんじゃないかと思ってて。

でもこれだけきちんと評価してもらっているのだから、今回くらいはもう自分を褒めてあげてもいいんじゃないかと、まいまい京都をしていて、初めてそう思えたのでした。

まいまい京都は、ブログを読んでいる方に会える嬉しい機会でもあって、でもまいまい京都でなくても、会えるような場を自分で作ればいいんじゃない?と最近思いついて、そんなの企画したら、どなたか参加してくれるかなぁ。

ライターさんと交流したくて、来月はこんな集まりを開催予定。あと一人受付可能なので、興味のある方、ぜひ!

 

あ、参加者の方何人かにピアス可愛いですね!と褒めてもらったのですが、この日していたピアスはガラス作家の友達・まきちゃんの作品でした。

緊張するので、友人の作ったものを身につけて、勇気をもらおうという作戦です。今までで一番緊張せずにできました。

 

 

過去の様子はこちらで紹介!



有料の月刊マガジン「京都くらしの編集室」始めました!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。