10連休、4日目はのんびり。

  • ブックマーク

連休に入ってからずっと家の片付けをしていて思ったこと。

思いのほか、いいね!をしてもらって、うれしい。

片付けは、自分がより良く暮らすためにしていることだし、取り組むことで自己肯定感も上がる。部屋は片付くし、良いこと尽くしだ。とてもいい。

朝はいつも通りラジオ体操をして、瞑想をする。今日でなんと!51日連続でやっている!月曜断食を始めてから、本当に朝スッキリと目が覚めるようになった。

これに加えて、GW は掃除をしていて、まるで修行僧のような日々だなと思う。でも、修行僧のような暮らしが実はいちばん幸せなのではないかと最近思い始めている。

淡々となんの代わり映えのない日々のなんと心落ち着くことよ。

ここ数日、掃除をしていたら出てきた古い宝石たち。

ダイヤモンドを持ってるより、旅行に行きたいわ、と今日、換金をしに行ったら、2万6,000円になった。安いな!もうちょっと高い値段を想像していたけれど。が、もう何年も部屋の片隅で眠っていたのだから、思い切って現金に。

夕方は、「天皇最後のお言葉が聞ける!」と夫が騒ぐので、一緒にテレビの前へ。ワイングラス片手に平成最後のダラダラ。いつかこの日を懐かしく思い出すのだろうなぁとしみじみ。

10連休なんて要らないと思っていたけど、のんびりするのも悪くないなぁと思う4日目。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。