10連休、2日目は庭掃除。

  • ブックマーク

午前中は、絵本の本棚を整理。リビングの絨毯を替える。

絨毯を敷き直すのに、テレビ台を動かしたら、コードのまわりのホコリがすごい。

よく見ると、壁にも薄くホコリは積もっているし、ちょっとしたでっぱりの上にもホコリは積もっているし、「ホコリ目線」で見ると、部屋中いたるところがホコリだらけ!

ここから徹底的にホコリの掃除が始まる。

気が済むまでホコリを取り、買い出しに行って、お昼ご飯。

夫が見つけてきて最近家族でハマっている「台湾まぜそば」。

けっこう辛くて美味しい。

午後からは冬の間、手付かずだった裏庭の掃除。

雑草だらけ。

帽子をかぶり、農作業スタイルで。雑草を抜くのは腰に来るので、ギックリ腰に気をつけながら。

雑草を抜きに抜いた、2時間半。雑草を剪定バサミで、バッサバッサ刈っていたら、夫に「シザーハンズみたいやな」と言われる。シザーハンズになったら、楽にカットできるだろうなと思いつつ。

前の庭と裏の庭、合わせて30リットルのゴミ袋6個分、片付けた。

はぁ〜、毎日思う存分、片付けができて、すごく気分がいい。

明日も引き続き、片付け。捨てて捨てて捨てまくるぞ。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。