10連休、3日目も片付け。今日は本棚のある仕事部屋。

  • ブックマーク

壁一面が本棚になっている仕事部屋。要らない本とリサイクルする本に分けて処分。

リサイクルする本は、メルカリで売ることやブックオフも考えたのだけど、犯罪被害に遭った人の支援に繋がるホンデリングで寄付をすることに。

ダンボールに40冊くらい。5冊以上ある場合、電話をすると無料で引き取りに来てくれるし、すごく楽チン。最短で今日の夕方に行けますというので、あっという間に片付いた。いくらになるのかなぁ。役に立つといいなぁ。

仕事部屋の奥に眠っていた昔のミシン。古いものが好きすぎて、なんの使い道もないけど、田舎の家から持って帰ってきてそのまま放置していたもの。

ミシンはオブジェとして置いておくことに。

ミシン台はどうしようかなぁ。とりあえず保留。

これも田舎から持って帰ってきたもの。カゴのようなトランク?これも放置してたけど、何か入れて使おうかなぁ。

原稿を書くときにいつもデスクから見えるように貼っていた新聞記事。

心の真実を率直に大胆に表すことを勉めさえされば文章は必ず速やかに上達する。

片付ける前に写真を撮って記録。

片付けるというのは、本当に疲れる。たいして体は動かしていないのに、判断するのに脳みそを使いまくるせいか、ぐったり。

捨てるって決断するの面倒くさいな、ホント。

さて、明日はどうしようかなぁ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。