次はカフェへ行きたい。「SONGBIRD DESIGN STORE」

  • ブックマーク

先日、ギャラリー モーネンスコンピスへ行った帰りに寄ったのが
「SONGBIRD DESIGN STORE」。

雑誌などで紹介されているのを見て、ずっと気になっていたのです。
場所は、ちょうどモーネンスコンピスの向かい側。

入り口はこんな。

 

レトロな照明がかわいらしい。ピンクの文字と旗も効いてます。

 

2階はカフェですが、今回は寄れず。
3階のショップだけ覗いてきました。

置いてあるのは、テーブルや棚、ソファなど。
どれもスッキリとしたデザインが印象的。

特にテーブル。足が細くて、天板もごくシンプル。
こんな大きな作業台ほしい。ばあぁっと資料を広げて、校正とかしたい。

あと、シンプルな中にも、
ちょっとした遊び心が感じられるデザインが、またいいなぁと思う。

例えばソファのクッション裏に四角い空洞があって、棚のようになっていたり、
枝に小鳥が止まっているようなポールハンガーがあったり。

次は、そんなおしゃれなテーブルやイスが並ぶ
2階のカフェでのんびりしてみたいなぁと思います。

SONGBIRD DESIGN STORE
住所:京都市中京区竹屋町通堀川東入西竹屋町529
電話:075-252-2781
時間:ショップ11:00~20:00 カフェ12:00~20:00(LO19:00) 木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。