隠れ家カフェ「好日居」のおやつが忘れられず…「冬瓜漬」をお取り寄せ

  • ブックマーク

このブログで何度か紹介している、
平安神宮近くの住宅街にひっそり佇むカフェ「好日居」。

大正から昭和初期に建てられた一軒家を改装している
それは、それは、ステキな雰囲気のお店です。

で、ここで取材時にいただいたおやつが、とっーてもおいしくて忘れられず、
ついにお取り寄せしてしまいました。

写真ボケてますが…。お皿の一番左に写っているもの。

これを初めて口にしたときの、驚きはなんだろう?
今まで味わったことのない食感と、なんともいえない甘さ・おいしさで
「なんですかー!コ・レ・は!」と教えてもらったのが「冬瓜漬」だったのでした。

琉球銘菓だそうで、お土産にもらっておいしかったので
お茶請けのおやつとして登場させたんだとか。
※好日居のお茶請けは、手作りおやつだったり、
店主のとっておきだったり、その時々で変わるのです。

あのおいしさがずっと忘れられず、ネットで検索して、ついにここでお取り寄せ。

冷凍保存できるようなので、一番大きいサイズをオーダー。
大(12本)4,000円+送料1300円=5300円
と結構いいお値段。旦那さん驚くかな、おやつに5000円超え。

でもまぁ、こないだ、このブログを適当にしか
見てないことが分かったので大丈夫でしょう。

届くのが楽しみです♪

 

好日居
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町91-82
電話:075-761-5511
時間:13:00~18:00 月・火休&不定休 

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。