大原が発祥のしば漬け「土井志ば漬本舗 本店」〜きょうとおつけもんライフにて「京都おつけもん探訪記」が更新〜

  • ブックマーク

 

\探して、楽しみ、味わう京都ツウのためのお漬物サイト/

きょうとおつけもんライフの連載「京都おつけもん探訪記」の6回目が更新されています!

広告

今回は土井志ば漬本舗 本店

今回紹介しているのは、大原にある「土井志ば漬本舗 本店」です。

5代目の社長・土井健資さんに話を聞かせてもらったのですが、なかでも一番驚いたのは、「しば漬とは、大原で作られたものだけを指す」ということ!そうだったのか!

大原で作られる赤紫蘇だからこそ、あの香りと鮮やかな色味が完成するのだとか。

夏になるとお店の裏には、こんな景色が広がります。これぜ〜んぶ赤紫蘇。

今度「京都産業会館」が移転して、四条烏丸に「京都経済センター」として新しく生まれ変わりますが、この中にも「土井志ば漬本舗」の新しいレストランが入るのだとか。これも、商売の原点から一切ズレなく、やっていること。

伝統を大切にしながらも、新しいことを次々と手がける土井さんのお話はとっても刺激的でした。

というわけで、今回の記事も、ぜひサイトでチェックしてみてください!

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。