「京 下鴨 宝泉」の加茂葵を購入。京都の手土産におすすめ!

先日東京へ日帰りツアーを敢行した際、
友人に渡そうと選んだ京都からのおもたせが、「宝泉」の加茂葵でした。

宝泉は、JR京都駅の新幹線構内にあって、京都を旅立つ前におもたせ買うにはもってこい。

小さな袋に入ってて、持ち運びも便利だし、580円と値段も手頃。
って、友達に値段がバレちゃうけど。

 

なによりこの可愛さ。葵のカタチがハートみたいでかわいい。

あと、丹波の黒豆の和菓子もおいしいのがありました
(店内であれこれ試食できます、おいしいのでいっぱい)

お店には、お茶するところもありました。
京都を旅立つ前や、京都へ来た時に、ぜひ。

ちなみに宝泉は下鴨にある和菓子屋さん「宝泉堂」の支店で、
風雅な茶寮については、ブログで一度紹介しています。

ここの建物やお庭がすごく素敵です!あ、和菓子もおいしいですよ。
わらび餅が人気メニューです。

宝泉 JR新幹線京都駅
住所:京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅 新幹線構内2階
電話:075–693-9103
時間:[販売]8:00~21:00 [茶寮]10:00~20:00 年中無休

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。