「小さい部屋」の展覧会「まるのひ。」に行ってきました。

  • ブックマーク

先日紹介した、小さい部屋の展覧会「まるのひ。」へ行ってきました!
私の狙っていたアクセサリーもありました(笑)

こちら。たぶん「ネジリング」という名前だったと思います。4500円。

すごく繊細なネジネジ。中尾彬のような?
細いけれど、指にするとさり気ない存在感があって、
おまけに指をすらりとキレイに見せてくれるような気がします。

って、ここまで書いていて思いましたが、
慶子ちゃんのLumpのアクセサリー同様、
私はこんな繊細なデザインのアクセサリーが好きなんですね(笑)
紹介文が似てる。

店頭には、8号から11号サイズがありました。

小指につけたかったのですが、サイズがなかったので、
オーダーしました(また…笑)最近、指輪オーダーしすぎ。

こちらはネックレス。
カラフルな石がきれい。

右に見える、ドットのネックレスも可愛かったです。
欲しい物があり過ぎて、きりがない…。

数字を吊るすタイプのオブジェ。今までに見たことない!
金属って、想像以上にいろんな表現が出来るんだなと目を惹かれました。

壁にかけるオブジェ。こちらも、今までに見たことないなぁ、発想がすごいなぁと思った作品。
金属って、重たいイメージなのに、こんな風にさらりと表現できるのがすごい。
1万6000円くらいだったかな。

ろうそくたてもありました。和ろうそくと一緒に。

そして、小さくキンモクセイも飾ってあって、店内はふんわり甘い香りがして。
どうしてキンモクセイの香りって、こんなにも人を幸福にするんでしょうね。

いつもの展示もやっています。
展示は、来週の月曜日まで。

いつもステキな展覧会を企画している店主の西岡さん。
次もどんな作品に出合えるのか、楽しみです。

小さい部屋

会期:9月23日(金)~10月3日(月)
時間:11時30分~18時30分 水木休み

住所:京都市左京区北白川堂ノ前町39-6 2F
電話:075-702-7918

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。