海外にも手軽に持っていけるドライ漬物に漬物スイーツって!?今回は京都水族館近くにある「京つけもの川久 北尾商店」を紹介!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

「京都府漬物協同組合」が運営する、探して、楽しみ、味わう京都ツウのためのお漬物サイト「きょうとおつけもんライフ  」にて、「京都おつけもん探訪記」の2回目が更新となりました!

 

広告

ドライ漬物?漬物スイーツ!?

今回取り上げているのは、京つけもの川久 北尾商店。家族で漬物作りに取り組んでいる小さなお店ながら、「大量生産はできない代わりに、小ロットでいろいろな商品がつくれるのが強み」というお話がとても印象的でした。

小ロットでいろいろ作ってみたものの中にあるのが、「ドライつけもの」や「漬けもの入り和三盆」!!

え?どゆこと? と気になった方は、ぜひ記事をチェックしてみてください(笑)

京都ライター江角悠子の京都おつけもん探訪記

前回は、京つけもの もりさんを紹介!

京都市内に14軒、大阪や空港にも店舗を展開する「京つけもの もり」さんの記事もよろしくお願いします!

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします