2010/10/22 情報追加。

  • ブックマーク


この庭の中には、○と△と□が隠れている。
その名も、○△□乃庭。

なんて粋なの!

以上、2枚とも建仁寺にて。

———-

私の父は島根で住職をしていますが、ブログを読んだ後
○△□乃庭についてあれこれ教えてくれました。

○△□とは、仙涯和尚が書かれた禅語で宇宙を表すのだそう。
…とここで英語で書かれた資料が添付されていましたが
まだ途中までしか読んでおらず。

この○△□について、加賀の千代女が詠んだのが次の歌。

「蚊帳の中、ひとつはずして、月見かな」

蚊帳は、四方が引っ掛けてあり、ひとつはずすと三角になります。
その状態で、まるい月をながめている様子で、これで○△□がうまく歌ってあるとか。

確かに、○△□がこの短い文にきれいに収まっているし、
その情景も見事に浮かぶし、本当にすごい歌だ!と父の話を聞いて小さく感動。

ちなみにパンフレットには、禅宗の四大思想(地水火風)を
□(地)、○(水)、△(地)で象徴したものとあります。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。