理不尽と向き合う日々[つれづれなるままに雑記…2018.10.23版]

  • ブックマーク

今朝、4歳の娘が髪の毛をふたつに分けて結ぶのを自分ですると言い出した。

ひとつ結びは、何とかできるようになったので、次はふたつ結び、か。

娘がやる様子を見ていると、右側は何とか結べたけれど、左側はなかなか上手く結べない。うまくできなくて、自分にイライラしはじめる娘。

ちょっと手伝ってあげたら、「自分で(ひとりで全部)やりたかった〜!」と大泣きするので、じゃあ、自分でもう一回やったら? と結んだゴムを外したら、今度は「今のがよかった〜」と、髪をほどいたことを怒り出す。飾りのゴムを投げ捨てる。泣く。わめく。

もう一回やってあげようとしたら、「いやだ〜、さっきのが、よかったー」って。

わたし
理不尽すぎる…!

と思って、私もぶちギレたんだけど、今落ち着いて、このブログを書いていたら気が付いた。手伝ったらダメだったんだな、私。

でも朝のクソ忙しいときに(失礼!)、優雅に結ぶのを待つ心の余裕もないのだよな。でも明日はもう少し、待ってみよ。

怒らない私になるんだ(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。