理不尽と向き合う日々[つれづれなるままに雑記…2018.10.23版]

広告

今朝、4歳の娘が髪の毛をふたつに分けて結ぶのを自分ですると言い出した。

ひとつ結びは、何とかできるようになったので、次はふたつ結び、か。

娘がやる様子を見ていると、右側は何とか結べたけれど、左側はなかなか上手く結べない。うまくできなくて、自分にイライラしはじめる娘。

ちょっと手伝ってあげたら、「自分で(ひとりで全部)やりたかった〜!」と大泣きするので、じゃあ、自分でもう一回やったら? と結んだゴムを外したら、今度は「今のがよかった〜」と、髪をほどいたことを怒り出す。飾りのゴムを投げ捨てる。泣く。わめく。

もう一回やってあげようとしたら、「いやだ〜、さっきのが、よかったー」って。

わたし
理不尽すぎる…!

と思って、私もぶちギレたんだけど、今落ち着いて、このブログを書いていたら気が付いた。手伝ったらダメだったんだな、私。

でも朝のクソ忙しいときに(失礼!)、優雅に結ぶのを待つ心の余裕もないのだよな。でも明日はもう少し、待ってみよ。

怒らない私になるんだ(笑)

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!