子どもが生まれてから、財布に常備するようになったもの〜機嫌を直してくれるバンドエイド(59/100)

  • ブックマーク

子どもが産まれてから、新たに財布に入れておくようになったのが「バンドエイド」。外出時、子どもは転んでケガをすることもよくあるし、ケガをしないまでも、とにかくよく転ぶ。

ケガしたときに役立つのがバンドエイドなんだけど、それ以外でも役に立つことがあって、とにかく財布に常備するようにしている。

というのが、ケガをしないまでも転んだことで意気消沈、泣き出して、どうしようもないときにも使えるのだ。

うちの子はかすり傷程度でも、「痛い〜」「ケガした〜」と大泣きして機嫌を損ね、「もう何もかも嫌だ」状態になることがある。

わたし
そんなときに使えるのが、バンドエイド!

今は、アナと雪の女王とか、キティーちゃんとか、アンパンマンとか、いろいろなキャラクターが描いてあるバンドエイドがあるので、「これを貼れば、大丈夫!」と言い聞かせつつ、貼ってやると、我が子は一発で機嫌が直る。イラストが違うバンドエイドを数枚見せて、「どれを貼る?」と聞くとまず泣くのが収まって、好きなバンドエイドを選び出したらもう泣きやんで、ウキウキとしはじめる。選んだのを貼ったら、機嫌は直り、すっかり笑顔になっているという流れ。

たまにキャラクターの描いてあるバンドエイドを切らしていると、余計に怒り出したりするので要注意。そんなときは、油性マジックでアンパンマンを手描きしている。4歳児の娘にはこれでOKだけど、10歳のお兄ちゃんになると「キャラクターが描いてあるとダサい」ということになって機嫌を損ねるので、大人用の無地も持っている。

娘は新しいキャラクターのバンドエイドを買うと、ケガをしてもいないのに早く付けたくて「ゆびがいたい」とか、「ケガした」とか言い出すので、これまた注意が必要だったりするのです。

というわけで、小さい子を育てているお母さんに絶賛お伝えしたい。

わたし
財布に「バンドエイド」はオススメです!
ケアリーヴ Mサイズ 50枚 CL50M
ケアリーヴ
created by Rinker
BAND-AID(バンドエイド)
¥436 (2020/05/27 21:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。