アメトーーーーク!のミスチル芸人が面白かった〜。(37/100)

広告

こないだ放送されてたアメトークは、ミスチル芸人だった。

熱狂的なミスチルファンの芸人さんたちが、熱い思いを語るのを見ていたら、そういえば私も結構ミスチルに影響を受けていた人生だよな、ということを思い出した。

私の座右の銘は

どうせ駄目ならやってみよう

なのだけど、これはミスチルの「旅人」という歌詞の一部なのだった。

浪人までして入学した広島の大学に納得がいかなくて、京都の大学に編入しようかどうしようかと悩んでいたときに、背中を押してくれた歌。

どうせ駄目ならやってみよう
数え切れぬ絶望を味わった夢を追う旅人
この人生をまっとうせよ
誰のものでもないと図に乗って しくじって
そんで今日もまた神頼み

これを聴いてたら、どうせ駄目なんだし、まぁやるだけやってみようかな、っていう気になって。

受験したところで絶対落ちると思うけど(浪人のときに受験して、すでに一回落ちている)、受けるだけ受けようと思って、京都外大を再受験。

そうしたら信じられないことになぜか合格して、そのときから私の座右の銘はこれ。

あのとき受験してなかったら、京都でライターしてることもなかったかもなぁ。

そういえば、ミスチルの桜井さんが何かの歌番組で着ていたグレーのスーツにピンク色のシャツが最高に素敵だな!と思って、大学の入学式では、その組み合わせのスーツにしたんだった。

一度だけミスチルのライブに行ったときは、前から4列目で。12月だったから、クリスマスソングを歌ってくれて。

…と、いろいろ思い出した。

ミスチルはあの桜井さんの歌声もいいし、メロディーもいいけど、何がいいって歌詞が良いんだよな。

「終わりなき旅」の

高ければ高い壁の方が、登ったとききもちいいもんな

っていう歌詞が番組で紹介されてたけど、「星になれたらいいな|の

長く助走を取った方がより、遠くに飛べるって聞いた

もいい。

そんなこんなで、ミスチル熱が再燃している、今。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします