ワークショップで作るのは、こんなダンボールスイカ。

  • ブックマーク

 

 

27(水)、28(木)と梅田の東急ハンズで開催する
ダンボールアートのワークショップでは、
夏らしい、こんなオブジェも作ります。

工作は大の苦手な私が挑戦しましたが、
和紙の質感がいいので、それなりに仕上がっています(笑)

夏休みということで親子で参加できるように、作業は京野菜よりシンプルに。

工程を一通り経験したら、またぜひとも
自分で好きなものを作ってみてほしいです。

私もアシスタントで両日とも会場にいます。
ワークショップに参加してくれるいろんな親子に出会えるのも楽しみですが、
東急ハンズは京都にないので、店内をウロウロするのも本当に楽しみ★

なんで、京都に東急ハンズできないんだろう。

で、会場には、京野菜を展示するほか、
あしたのジョーを持っていくかどうか悩んでいます。
ジョーを抱えて電車に乗るのは、そうとう勇気がいる…
けど、面白いからぜひ手にとって見てもらいたいんだけどなぁ。

 

ふと、ベビーカーに乗せて持っていく?(ジョーは、2歳児くらいのサイズ)
というアイデアが浮かびましたが、余計に目立ちますよねー。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。