「北欧モダン デザイン&クラフト」

  • ブックマーク

今、私がとっても楽しみにしている展覧会―
それは、9月15日(土)から京都市美術館で開催される
「北欧モダン デザイン&クラフト」。

北欧デザインは前から興味があったけど
昨年、旅行で北欧三カ国(フィンランド、スウェーデン、デンマーク)を
訪れて以来、ますます夢中。

旅行前、北欧でいろいろ買おうと意気込んでいたものの
物価が高くて、セーブしたけれど、それでも結構買ってしまった。
スウェーデンのダーラナホースのキーホルダー(左)なんて、
5センチにも満たないサイズなのに1600円もした。けど、
可愛くてつい買ってしまった。

京都市美術館の展覧会では、今注目されている北欧モダンスタイルの世界を、
家具、食器、玩具、テキスタイルと多方面にわたって紹介するそう。

↑リンドベリの食器も並ぶのかな。

 

上はフィンランドの船に乗ったときに撮ったもの。
下はスウェーデンの郵便局のマークだったかな。

北欧を旅行中、目に映るもの全てが新鮮でオシャレに見えて
写真を撮りまくること500枚以上。
とにかく眺めるだけでも幸せな気持ちになれる北欧デザイン。
今から開催が待ち遠しい!!

京都市美術館
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124
電話:075(771)4107

「北欧モダン デザイン&クラフト」
9月15日(土)~10月21日(日)
午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)。
月休(祝日の場合は開館)

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。