パリでの撮影。

  • ブックマーク

パリでの撮影は、私が大好きなお店「ココチ」の
本作りをお手伝いさせてもらっているため。

ココチは、京都・松ヶ崎にある枯れない花のアクセサリーのお店で、
このブログでも何度か紹介しています。

心ときめく!花飾りのアクセサリー「Cocochi(ココチ)」
出版記念パーティ&枯れない花のオブジェを「Cocochi」でオーダー

で、本当にステキなお店なので、お店のこと、店主の思いなど
本にしてもっと大勢の人に紹介したいなぁと思い、店主のマイさんに
「本を出しませんか?」とお手紙を出したところ、
「出したいなぁと思っていたんです!」とお返事をもらい、企画がスタートしました。

そして、カメラマンのヒロコさん、ヘアメイクのまどかさんと共に
京都での着物の撮影が終わり、パリではウェディングドレスの撮影。

撮影が終わった今、これだけステキな素材が集まれば、
いい本にならないはずはない!と確信しています(笑)
注:素材はあるけれど、まだ何にも出来ていません。

パリでの撮影の様子をちょこっと紹介。

撮影の出番を待つ、花の小物たち。
ウエディングでのステキな思い出を、枯れないお花と共に残せるなんて
ホント、いいなぁと思うのです。私の思い出の花は生花だったため、残るのは写真のみ。
でもまぁ、フレッシュな生花のよさもあると思うんですが。

眠れる森の美女みたい。
こんな絵を思いつくヒロコさん、まどかさん、マイさんたちがすごい。
モデルをしてくれたのは、イタリア人のキアラちゃん。
撮影のため、イタリアからパリまで彼と2人で来てくれました。

イタリア語はもちろん、英語、フランス語、日本語がぺらぺらの才女。

天使のようなキアラちゃん。これでモデルじゃないなんて。
まどかさんのスタイリングも、とびきり可愛らしい。
私もまどかさんにやってもらってたら良かったなぁ。

アパルトマンの前にあった公園で撮影。
雨に降られて中断しながら、晴れ間が出た瞬間に急いで撮影。

ノートルダム寺院をバックに。
ため息が出るほど美しいシーン。

 

こんな感じで撮影しています。

夕暮れのエッフェル塔と共に。
早くヒロコさんが撮った写真が見てみたい!

というわけで、ダダダとパリでの撮影風景を載せてみました。

ちなみに、今マイさんがココチのブログで
私たちの写真をアップしてくれています。

コチラ

パリへ親子旅なんて本が出せたらいいなぁと
マイさんと話したりしています。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。