文句なし!においし~いラーメン。大丸裏「一風堂 錦小路店」

広告

福岡に本店がある豚骨ラーメンの名店、一風堂。
オープンしたての頃以来、久々に訪れました。

相変わらず人気のようで、平日のお昼時、お店の外にまで5~6人の行列が。
並んでまで食べたいか…?と、悩んでいる間にどんどん人が減っていき、自然と並ぶことに。
回転がいいので、結局5分も待たないくらいで座れました。

ランチセットメニューは、こんな。
一番定番ぽい「赤丸新味」850円にしました。

行列に並んでいる間もスタッフの人がちゃんと人数を把握して、準備をしている?のか、
注文してあまり待つことなくラーメン登場。はっ早い。

おいしさも必要だけど、すこぶる心地のいい接客にも心打たれる。

そして、久々に食べたラーメン。もう、文句なしにおいしい!
スープも麺も、私の中で完璧!

キリリとした細麺、コクのあるスープ、ピリッときいた辛みそ。
なんといっても備え付けの「ピリ辛もやし」が相当おいしくて、
ばんばん入れて食べました。

もやしは、薬味の中でも人気があるらしく、容器も一番大きいし(笑)
チャーシューもとろける柔らかさで大満足の完食。

少々行列ができていても、ぜひ並んでまで食べてみてください。

一風堂 錦小路店
住所:京都市中京区東洞院錦小路東入ル阪東屋町653-1 錦ビル1F
電話:075-213-8800
時間:月~土・祝前/11:00~翌3:00、日・祭/11:00~翌2:00

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!