やっぱりラーメンは豚骨・細麺…「九州ラーメン 博多っ子」

  • ブックマーク

平日のランチ、時間が合えばたまに旦那さんと外食することがあります。
私は、せっかくお金を払ってご飯を食べるのだから、
ステキなカフェで、ゆったりランチでも★と思うのですが、
旦那さんは「カフェのご飯じゃお腹がすく」と言って聞きません。

じゃあどこに行く?と聞いたら、答えは必ずラーメン。
というわけで、ココ最近行っておいしかったラーメン屋さんを紹介します。

まずは、下鴨にある「九州ラーメン博多っ子」

今、魚介の風味をしっかり効かせたスープに、太麺…
というラーメンが流行っている(?)ようですが、私はもっぱら細麺派。
魚介系よりも豚骨やしょうゆ、鶏ガラの方が好み。

となると、博多ラーメンがどんぴしゃ!私のツボ。

下鴨通りを車で走るたび、気になっていたこのお店。
旦那さんが「今のところ、自分の中で京都イチ!」というので、一緒に行ってみたのです。

お店リニューアルしたのか、きれいになっていました。
中は、意外と広く、カウンター席のほか広々としたテーブル席も。

注文したのは、お店一番のオススメという
「トロうまラーメン」のチャーハン(小)セット1000円。

麺の固さを選べたので、私は硬めで。
そして、写真にはうつってないけれど、紅生姜たっぷりのっけて、
ピリリと辛い高菜ものっけて、ザクザク食べるのがおいしいのです。
そして、スープは濃厚なんだけど、しつこくなくてうんまい。

豚骨というと、臭みが気になるところだけど、ここのは大丈夫(笑)
コクはしっかりあって、きれいな澄んだ味がしました。
そして、チャーハンもパラリとしていて美味。

私の中での今のところ1位、「宝屋」に次ぐおいしさかも知れません。

豚骨好きという方はぜひ一度!

本格九州ラーメン 博多っ子
住所:京都市左京区下鴨松ノ木町2-19
電話:075-722-2654
時間:11:30~14:00 18:00~22:00(L.O22:00) 月休、第1火曜

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。