寝かしつけ問題。[つれづれなるままに雑記…2018.9.12版]

  • ブックマーク

娘と息子と9時過ぎには布団に入るようにしているのだけど、二人がいっつもしょーもないことでケンカを始めて、結局寝るのが10時15分とかになる。1時間以上も寝室で何をやってんだとわれながら思うんだけど、毎日毎日私は怒りながら寝ている。

息子と娘は寝室に入ったら、仲良くじゃれているんだけど、そのうち、自分の布団に足が入った、「入らんといて」とか、どちらかが言い出して、さらに「私のエリアに入ってこんといて」「入ってないわ!」「入った」「入ってない!」とか言い争いが始まり(どーでもいいわ!)、制止するも、そのうち叩き合いのケンカになり、どちらかが泣き出し、すると息子の方が「俺、何にもやってないのに、いつも俺ばっかり怒られる」と被害者ずらして号泣しはじめて、結局二人とも怒られて泣きながら寝る、っていうのが毎日のパターン。

これが、本当に疲れる。

昨日も「今日はホンマにやめてな、本当にお願い」って言って寝室に行ったのに、なんでかまたケンカになり、私は怒りどなり、結局二人は泣きながら寝たんだけど、何で?なんでなの? あんなにも気をつけているのに、なぜ最後は言い争いになり、叩き合いになり、怒鳴り合いになるのか?

今度カメラに録画でもしておいて分析したい。

長編小説でも読みながら寝落ちしてみたいものだわ。はあ〜。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。