個展、無事終了しました。ありがとうございました!

  • ブックマーク

先週から開催していた平尾ケイゴの個展、火曜日で無事終了しました。

子連れのお母さんとか、観光中の若いカップル、
意外と多かったのが年配の方。
おかげさまで、たくさんの方々にお越しいただきました。

で、予想外にウケていたのが、飛び出すウエルカムボード。
これは、私たちの披露宴のときに、会場の入り口に飾ったもので
「顔、似てますねー。ふふふ」となかなかに好評だった模様。

オーダーの問い合わせも何人かいただいて、
オーダーを受け付けられるサイトも早く完成させたい…のですが、
いつになるか分からないということで、
気になる方は直接メール(info@studio-sairyo.com)をください。
※ちなみに、製作期間は3ヶ月くらい必要です。

会場では、いろんな方に感想をもらって、とても嬉しく思いました。
心に残った感想をちょっと紹介。

「通りすがりでしたけど、すっごい面白かったです」

「常識では考えられない!(笑)」

「うますぎて、笑えますね」

「良いものを見せてもらいました」

「人がしないことをするのは、スゴイことです」

「来てよかったです」

わざわざ、足を運んで見に来てくださった方、
本当にどうもありがとうございました!

ブログで感想を書いてくださった

美術学校所長で画家の山下義文さん→
イラストレーターの辻ヒロミさん→

も、ありがとうございます!

次回開催は、「2年後?」くらいだそうで、
気長に待っていていただければと思います(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。