平尾ケイゴ個展、本日最終日、18時まで。

  • ブックマーク

先週木曜日から始まった、平尾ケイゴ個展「ダンボールアートの世界」
今日がいよいよ最終日です。

アンティークベルの2階ギャラリーで、今日は18:00までやっています。
平尾ケイゴは終日、私は夕方17:00頃には会場にいるので、
まだ来られていない方、もう1度見たいという方も(笑)、ぜひ!

先日のワークショップの様子です。

3人の方が参加してくださいました。

作業は、てきぱき進める方、キッチリゆっくり丁寧に進める方といろいろで、
個性というか性格がそのまま出ているようで、見ていて面白い。

途中の作業では、「和紙を張るのが、そうとう楽しい!」と女の子。
和気あいあいと1時間半ほどかかって、
聖護院かぶらと賀茂茄子、京人参が完成しました。

「途中どうなるかと思いましたが、ちゃんとできましたね(笑)」と女性の方。
そうなんです。最後は、味のある和紙がいい感じに仕上げてくれるのです。

この状態では水糊がまだ乾いていないので、べたべたした感じですが、
1日置くと、パリッとして色の印象も変わってきます。

かぶらは、水糊が乾いていない方が、千枚漬けみたいな雰囲気さえ感じられるような…。

参加してくださった方、どうもありがとうございましたー!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。