夏休み日記(2)[つれづれなるままに雑記…2018.8.14版]

広告

夏休み4日目

昨日に続き、朝6時に起床。寺の本堂でストレッチ。

広くて気持ちがいい。

毎朝、太極拳をするという父と一緒に太極拳もやってみる。

真似して動くも、とにかく「力を入れない」というのを父に指摘される。ついつい肩に力が入ってしまう。力を抜くの、難しいなぁ。

太極拳、面白い。

いい天気。

東京から帰省する弟夫婦を迎えに出雲空港まで。

夕方、墓掃除も終わり、ロウソクをつけて、線香を立てて、お迎えの準備完了。

広告

夏休み5日目

なんか、何もしてないのに、もう5日目か!今年の夏は、異常に暑い。クーラーの付いてない部屋には居られない暑さなのに、肝心のリビングにはクーラーなく、寛げる場所がない。つら〜。

お寺には盆礼を持った檀家さんがたくさん訪れる。みんなが面倒くさい、効率悪いっているだろうことも、昔からこうしてきたから、という古いしきたりを変えられず、今もそのままやっているということが多くて、モヤモヤする。

お寺で集まりがある場合、開催日時について、参加者にはハガキで知らせるということを聞いて、めまいがした。電話でもなくメールでもなく、ハガキだと…?いつの時代だ。

おっちゃん(弟)にゲームを買ってもらって、嬉しい息子。一緒にプレイ。

夜は、友だちと居酒屋「ツバメヤ」へ。おばあちゃんに子どもたちを託して、大人だけでゆっくり飲もうと思ったのに、叶わず。娘を連れて。

お盆だからか、死んだ妹のことを考える。

自分より優秀な姉弟を先に亡くし、不出来な私の方が生き残ってしまった、私の方が死ねば良かったのにね、でも生きないとしょうがないよね、という話をして、居酒屋で泣く。思い出すとただの酔っ払いだ。お酒を飲みすぎた。気の置けない友だちと飲むと、こうなる。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします