7/8、京都「よーじや三条店」が寺町に移転リニューアルオープン!

  • ブックマーク

よーじや三条店が、寺町御池下がった場所に移転リニューアルオープンするというので、レセプションにお邪魔してきました!

広告

新しくなったよーじや三条店へ

前はカフェスペースがあったのですが、移転先のお店にカフェはなし。

そのかわり、あぶらとり紙をはじめとするよーじやアイテムはフルラインナップで揃っているとのこと!

あぶらとり紙といえば、私の高校時代はリップスティックの次に欠かせないおしゃれアイテムでしたが。今の子たちは使うのでしょーか。

店頭には、季節限定の抹茶あぶらとり紙も並んでいましたよ。

よーじやの手かがみ、可愛い。

古くは舞台化粧も手がけていたというよーじやが作り出す化粧品。

こんな感じで、化粧水をはじめ、口紅からおしろい、化粧筆まで、一揃い。

練り香水。すごく自然な石けんの香りでした。

こちらは、バニティバックが付いてくるお得な特別限定品。

紙せっけん。旅行先に持っていくのも良さそう。

ズラリと並んだブラシを見ながら、「化粧するとき、ブラシ使う?」「使わないなぁ…」という会話をしていたら、目のまわりにチップを使うと、シワが気になりませんか?と言われる。

アイシャドウを塗るとき、強く引っ張るとたしかにシワになる…!が、ブラシを使うと、シワがいくことなく、きれいにアイシャドウが塗れるとな!チップを使い続けてると、シワがいく可能性もあるかも…?!

なるほど!そのためにブラシがあるのか!

3階フロアではフェイシャルエステも!

よーじやの基礎化粧品「うるおいシリーズ」を贅沢に使って、フェイシャルエステをしてくれる専用ブースが3階にオープン!

今まで、常連さんだけが受けられたエステメニューが、一般にも開放されたのだそうです。

フェイシャルトリートメント(50分)…5500円

うん、旅行の合間にも試せそうな時間とお値段。

こちらは、お試し用の小さなサイズがセットになったもの。これでいろいろ試して見てから購入するのもあり。旅行用とか、キャンプ、日帰り温泉に行くときとかにも良さげ。

おまけ…ケータリングはhanauta!

レセプションで見目麗しいケータリングを用意してくれたのは、hanautaの2人。実はこのお2人は友人で、こんな風に実際にお仕事をしているところを見るのは初めてで、うれしかった!

八ツ橋を使ったカナッペは、ぱっと見は、意外な組み合わせと思ったんだけど、食べてみたら、全然アリだった!フルーツサンドも可愛いし、わらび餅も美味しかったなぁ。

というわけで、新しくなったよーじや三条店、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

お土産にもらったサブレが以上に可愛かった(三条店では買えないんだけど)

 

よーじや三条店データ

京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町
075-221-4501
10:00〜19:00(季節により変更あり)無休

 

アマゾンでも購入できるんだ!でもオンラインショップで買った方が断然お得だ。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。