Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!)

  • ブックマーク

ちょっと前、取材の合間に立ち寄ったのが、バナナの木が目印の大好きなカフェ、
「カフェ ビブリオティック ハロー!」です。

久々に行ったら、バナナの木が相当育っていてビックリしました。
遠くからでもお店の場所がよく分かる。

町家と南国な感じが妙にマッチしている。
中は、入ってすぐのところが吹き抜けになっていて、開放感たっぷり。
奥にはたぶん坪庭だったところをテラスにしていて、風はよく通るし、
本当に気持ちのいい空間。

やけに明るすぎない店内、落ち着いたトーンがいいのかも。

で、頂いたランチはこちら。
トマトとモッツァレラのサラダにバゲットをつけて。

カメラマンさんは、スープランチ。

どちらも800円~950円くらいだったかな。
ガッツリ食べたいという人には少し物足りないかもしれないけれど。
私たちはちょっと何かお腹に入れておきたい…という感じだったので、
「おいしいものを軽く」食べられて、ちょうどよかった!

カフェの隣りにはパンや食器が置いてあるショップが出来ていたり、
その上にはギャラリーがあったりと、さらに進化している「カフェ ビブリオティック ハロー!」

で、ショップで見つけたのが「京都歩記帖」というおしゃれな白地図。
市内の中心地が住所ではなく、通り名で書かれているだけのシンプルなもの。

取材で訪れる店へ行くのに、下調べしていても、「富小路通は河原通りから何本西?」
と、ときどき迷ったりしていたので、通り名だけ書きだしたものを自作して手帳に張っていたくらい。

そんな地図欲しいなぁと思っていたので、500円とワンコインなのもあって
見つけた瞬間、即購入。いろいろ書き込んで自分だけの地図が作れるのも嬉しい。

取材する店を白地図に書き込んでいったら、取材の準備も楽しそう。

東西の通り名は、中心地だけは「あねさんろっかく、たこにしき~♪」と
歌で何とか覚えているものの、南北がいまいち。
いやぁ、いいものを手に入れた。

Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー!) 
住所: 京都市中京区二条柳馬場東入ル晴明町650
電話:075-231-8625
時間:11:30~24:00 (ラストオーダー23:00)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。