「超 うまい本」出ました。

  • ブックマーク

すでに先週発売されていますが、京阪神エルマガジン社から出た「超 うまい本」で
京都ページをお手伝いさせてもらいました。
私が担当したのは、約50件近く。
書きつつ思ったのが、どれもこれも当たり店ばかり!?
お腹をすかせつつ書いていたのでした。

本のトビラにあった言葉を拝借しながら本の紹介をすると
「うまい」の定義は人さまざま。
おまけにどんな店に、いつ、誰と行くのかで「うまい」の基準も変わるもの。
たらふく食べたいのか、ちょい食べ、サク呑み、一人でゆっくり、仲間とたくさんで。
気分に合わせたうまい店選びの道しるべとしての1冊に。
という感じ。

とりあえず、これ1冊カバンに入れておけば
ランチにもディナーにも迷って迷って
挙句「もうどこでもいいわ」ってことにはなりません(笑)

本屋さんで見かけたらぜひ手にとって見てみてください。

超うまい本―普段遣いのゴハン処、呑み処。大阪・神戸・京都の300軒! (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊)
クリエーター情報なし
京阪神Lマガジン

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。