ことり会の著書「京都、朝あるき」の台湾版が出版されました!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

 

友人のライター&イラストレーターと一緒に活動していることり会が、京都の朝の魅力を紹介した著書「京都、朝あるき」。なんとこの度、台湾版が出版されました!すごい!海を越えた「ことり会」!!

広告

本の中身をちらり

台湾で「ことり会」を表記すると「小鳥曾」。可愛い!漢字だから、何となくでも意味わかる。

今ちょうど見頃でしょうか、三室戸寺の紫陽花を紹介したページ。イラストの日本語もちゃんと変換されています。しかも、似たような手書き風!

台湾の方にも楽しんでもらえるといいなぁ。

出版に合わせて、台湾出身の女の子が、本の内容とリンクした動画を作ってくれています。
こちらも合わせて楽しんでみてください。

試し読みできます!

京都、朝あるきは下記から、一部試し読みもできます。

試し読みはこちら

 

京都、朝あるき【電子書籍】[ ことり会 ]

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/18 21:43:22時点 楽天市場調べ-詳細)

ことり会が大阪でのトークイベントに登壇します

2018年6月27日(水)ことり会が、トークイベント(@大阪)に出ます!予約、好評受付中!
このイベントの後はしばらく3人揃ってのイベント予定はないので、この機会にぜひ。よろしくお願いいたします!
大阪 北浜 喫茶「フレイムハウス」
(北浜駅より南へ徒歩3分)
午後8時 OPEN
午後8時30分 START入場料 1000円+要ワンオーダー

詳細とご予約は→http://kwl.hatenablog.com/

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします