雑誌「婦人画報」の1月号発行されています!

  • ブックマーク

2016-12-01_09-30-23_487

婦人画報1月号のお取り寄せ冊子で、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの
取材・執筆をしています。

今回は開運・和ダイアリーまで付いている。
この布張りの手帳だけで雑誌価格の1500円はしそう。
本当最近の雑誌の付録、すごい。

2016-12-01_09-31-22_029

今回はボリューム満点!6アイテム登場しています。
撮影をしたのはまだ暑さが残る9月のはじめ。

2016-09-07_024400909_f9a7c_ios

撮影はいつもの巨匠・久保田さんです。

今回撮影時に一番気になったのが、黒い招き猫「福来猫」
黒い色は、黒字になるという意味が込められていたり、
人を招くという左手を挙げていること(千客万来)、
そして何より目の前に積んである小判の山に目が釘付け。

ものすごく縁起が良さそうってことで、
撮影時から私の待ち受け画像はこの猫ちゃんとなっています。

本気の御所人形は10万越えだけど、こちらは6000円という嬉しい価格。
五月人形の次はこれだろうか。

お正月特集ってことで、いつもにも増して華やかで
読み応え十分な内容になっていました。
(セレブの世界を垣間見るのが楽しい)

で、私は「婦人画報」を創刊したのが、国木田独歩だということを今回初めて知りました!!
あの!あの教科書で学んだ人が作った雑誌に、今、私が少しでも関わっているということが
ものすごくうれしい。そうかぁ。そうなのかぁ、すごいなぁ!

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。