GW日記(1)…DJの中島ヒロトさんに会いに、万博公園に行ってきた。

  • ブックマーク

ご飯の準備をするときは、だいたいラジオを聴きながら作業をしている。

つけているのはだいたいFM802。ここ数年はずっと中島ヒロトさんのラジオを聴き続けていて、家族みんなでファン!あの適当で軽妙なトークがいい。

その中島ヒロトさんに会えるかもしれないというので、行ってきました!万博公園で開催されたFM802のイベント・ファンキーマーケット。

広告

万博公園へ

万博公園に入ったら、こんなマシーンがありました。携帯番号をバーコード化してシールにしてくれるというもの。

子どもの服に貼ってたら、迷子のときに連絡してもらえるのかな。便利だなぁ。

イベントでは、屋台がたくさん出てて、

なんやかや寄り道しながら歩いてたら、いた!ブースに!中島ヒロトさんが、すぐ目の前に!

いつもラジオから聴こえてくるあの声が、生で聴こえてくる!変な感じ(笑)

握手してもらって、一緒に写真を撮ってもらって、朝イチで目的を果たしたよ!!!

国立民族博物館へ

ので、次のお目当て「国立民族博物館(みんぱく)」へ。

入ってすぐのところにある、この宇宙的な(?)、古代遺跡をも思わせる空間が、とても好きなので、毎回じっくり見てしまう。

今回の行きたかったのは、日本のエリア。前回も、前々回行ったときも改装中で、今回ようやく見ることができた!

ねぶた祭りのこれ!見たかったんだよなぁ。すごい迫力。

これはどこかの国の人形。この顔、忘れられなくて思わず撮影。夢に出てきそう。

バラ園のバラも満開で、お天気も良く、風も爽やかで、これこそゴールデンウィークという感じ。

後半初日はこんな。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。