今年も宝酒造「タカラハーモニストファンド」のサイトで記事執筆させてもらいました!

  • ブックマーク

ときどきお仕事をいただく「宝酒造」さんは、いろいろな環境活動を行っていて、その中でも、日本の森林や水辺の自然環境を守る活動や、そこに生息する生物を保護するための研究に対して助成もしています。

その助成を受けた団体はどんな活動をしているのか、助成金はどのように生かされたのか、現地まで行ってお話を聞いてきました!

間接的にでも、社会貢献というか、ライターという仕事を通してこうした活動のお手伝いができることを、とってもうれしく思います。

text by:江角悠子(@ezu1030

広告

環境保全活動に取り組む人たちにインタビューしてきました!

取材・記事執筆を担当したのは2つ。

まずは、魚類初の国の天然記念物・イタセンパラの保全に取り組んだり、淀川の環境保全活動する団体。大阪学院大学までお話を聞きに行きました!

もう一つは、「法然の森」で森の豊かさを次世代へ伝えることを目的としている「フィールドソサイエティー」の代表の方にお話を伺っています。

紅葉も一段落した昨年の初冬に取材へ伺ったのでした。

このインタビューを担当させてもらって今年で3年。毎回毎回、未来のために、自分の時間を削って活動している方たちがいることに感動します。ありがとうございます。

過去記事はこちら

2017年

2016年

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。