Instagramで、読書用アカウント作りました。

  • ブックマーク

カナエナカさんがnoteで紹介していた、Instagramの使い方、 Instagramで本を探す。|kanam|note(ノート)を読んで、なんて良い方法なんだ!と早速、読書用のアカウントを作りました。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



インスタグラムで読書用アカウント作成

乱読しまくってますが、「読んだ本を記録しておきたい」というのは常にあって、読書ノートを作ってみたり(続かない)、サイトに表紙の写真だけ載せてみたり(懐かしすぎる。ついでに別ページで12年前の私の日記まで読めてしまう。マジか)、いろいろやってみたりしたものの、面倒で最後は投げ出している。

ブログにも読書記録を残そうとたまに書いたりしますが、ちゃんと書こうと思うと、なかなか手が付けられず、そうこうしてる間に読んだ感動が薄れていったり、次の本を読み始めてしまったりして、毎回「もういいや」となっていたのです。

Instagramなら、短文でサクッとメモするだけでもいいし、何より一覧で読んだ本の表紙が見渡せるのが快感!

Instagramのアカウントは@ezumiyuko_booksです。

よく読むのは、銀色夏生、よしもとばなな、村上春樹、穂村弘、松本清張、山本文緒、宮部みゆき、星新一、服部みれい。

あと自己啓発本、スピリチュアル系も好き。

最近は時間がなく長い小説が読めなくて、エッセイや短編、ビジネス書ばかり読んでいますが。

興味のある方はフォローしてみてください!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。