祇園だけど、子連れもOK!「一念坂 まさ壱」で新プラン登場

  • ブックマーク

祇園で気軽に和食が楽しめる店、「まさ壱」で
新しくお座敷宴会プランがスタート!

このプランは、子連れのお客さんもゆっくり
食事を楽しんでもらいたいと考えられたもので、
町屋の2階、1室を貸し切りで、1日1組限定です。

店主と旦那さんが友達&子持ち
ということで、先日記念すべき
第一号のお客さんとして行ってきました。

内容は、

・季節のスープ(北のこころの冷製)
・オードブル(自家製ゆばの点心 他盛合せ)
・旬の海鮮盛合せ
・〆のおそば

と4品セットになっていて、一人2000円!
安くないですか?ここ祇園ですよね?というような値段設定。

ということで、まずはコレ。

 
このスープ、私大好きなんですが、
甘くトロリと野菜の旨みが凝縮されている、
いわゆるカボチャスープ。
濃厚な味わいが空きっ腹にしみていく感じ。

お刺身は、北海道から直送される新鮮なもので
夏はやっぱりハモ。写真はこれで、2人前。ボリュームあり。

こちらが点心盛り合わせ。
湯葉餃子と湯葉シュウマイと、湯葉春巻き。
湯葉だから?か、あっさりしてるけど、お酒の進む味わい。
湯葉のモッチリした生地、一度味わってもらいたい。

追加で天ぷら盛り合わせ(1280円)を。

 
もう何品か頼もうかなと思ったけれど、
〆に自慢のメニュー、お蕎麦があるのを忘れずに。

結構お腹いっぱいだったけど、
どうしてもデザートが食べたかったので追加。
スイーツぜいたく盛り(680円)

とうふのレアチーズケーキ、きたのこころゴマ団子(中の餡はカボチャ!)、
豆乳そふとキャラメル。

豆乳そふとキャラメルだけは…
田中義剛さんの花畑牧場の方が美味しかったッス(笑)

で、このプランのいいところは、シンプルに4品だけが決まっていて
メインは、メニューからアレコレと好きな一品料理が選べること。

席に着いたらまずドリンクをオーダーして、
あとはつきだしというか、前菜というか、サッとスープ、お刺身、オードブルが
順番にテーブルに並べられて、食事を始めるのが、とってもスムーズ。

小さい子がいたら、とりあえず何か料理を食べさせてあげられるし、
その間にゆっくり親も乾杯できるし、ツマミはあるし、
飲み物来たケド、料理まだ決められていない、
もしくは、まだかいな…ってイライラがなく、これが想像以上に快適でした。

和食のお店にきたら頼むでしょ、ってお刺身、
まさ壱オリジナル・湯葉の点心でお腹が落ち着いたら、
今度は好きな料理を選んでオーダーできるという流れが、とってもイイのです。

このプラン、前日までに要予約で、ぜひどうぞ。

———-

そして今、お店の入り口のショーウィンドウには、
旦那さんの作品、京野菜の段ボールアートが展示されています。

鹿ヶ谷カボチャに、ししとう、賀茂なすなどなど。
どこにどうダンボールが使ってあるの?というような、紙製の京野菜が見られます。

ちなみに、このカボチャを見た旦那さんのお母さんは、
「さぁ、どうやって料理しようか?」とおっしゃいました。
本物と思ったようです(笑)

興味のある方は、作品を見に行くだけでもぜひ(笑)

ほかの作品は、スタジオ彩稜のHPでも見られます。
※リロードすると画像が変わります。

一念坂 まさ壱
住所:京都市東山区高台寺南紋通下河原町東入ル枡屋町362
電話:075-531-6839
時間:11:30~15:00(L.O.15:00)、17:30~22:00(L.O.22:00) 木休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。