2018年春「まいまい京都」、無事に終了しました!

  • ブックマーク

毎年春と秋にガイド役をさせてもらっている「まいまい京都」(京都の住民が京都を案内するプチツアーです)。これまでは、北白川エリアで「地元京都本ライターと、北白川の乙女なカフェ・雑貨屋・洋館めぐり」というツアーをしていたのですが、今回は、ことり会の書籍「京都、朝あるき」をコンセプトにした新しいツアーとなりました。

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



御所西をめぐる新しいツアー

今回、新しいツアーということで、資料も新しく。ことり会だよりの別バージョンになっていて、ある意味貴重。

コース内容は、こんなでした!

1.バザールカフェ

まずは、ヴォーリズ建築のカフェで、普段は出していない特別なモーニングをいただきます!

今出川通りにあるパン屋さん「マリーフランス」の食パンを使ったチキンサンド。この食パンを選んだ理由は「パンのミミまで美味しいから!」インタビューを通してそんなお話が聞けると、シンプルなチキンサンドがより一層美味しく感じられます。

バザールカフェの店内では「京都、朝あるき」の本が手にとって見られます〜!

店内ではモーニングを頬張りつつ、皆さんに自己紹介をしてもらったのですが、最初にどんな理由でどこから参加したのか…が分かると、その後のお話も弾むし、良かったなぁと思いました(今までは最後にお茶しながら、という感じだったので)

レトロ建築好きの方も多くて、ヴォーリズ建築が楽しめるカフェを教えてもらったり、情報交換ができたのも良かった(みんなでレトロ建築を訪ね歩く、レトロ建築クラブでも作りたい)

2.京都御苑を散策

続いて、京都御苑へ。近衛邸跡では、なんとも運のいいことに、早めに咲いていたシダレ桜を見ることができました!

今週末には満開になってそうな勢い。今年の開花は早いですねぇ。

 

3.本田味噌本店

江戸創業の味噌屋さん。

お話を聞くとやっぱり味わって見たくなるよね…ということで皆さん、何かしら購入されていました〜。ついでに私も新商品のラスクや白みそを。クリームチーズに白みそを漬けたら、ワインのアテにも最高!というお話を伺って、試さずにはいられない。

4.京都府庁旧本館

最後は京都府庁旧本館。中庭のシダレサクラはまだツボミでした。ですが、咲き始めると、こんなにゆったり建物を見ていられないので、あえてこの時期にしたのでした。来週末には観桜祭が始まりますね〜。

2年前から公開となった旧議場。元の姿に修理して公開されています。細部までデザインが施されていて、美しい。いいなぁ、レトロ建築は。いつ来ても最高。

御所西は、さすが京都御所のそばだけあって、老舗、名店が多く、今回は寄れなかったけれども、まだまだ紹介したい魅力的なお店がたくさんありました。2時間半じゃ足りないくらい。おかげさまで新コースも好評で、秋にはまた同じツアーが開催されるかもしれません…!

参加していただいた皆様、どうもありがとうございました!

ちなみに過去に京都府庁旧本館の桜を紹介した記事はこちら。



参加者された方の感想

ツアーの写真アップ

ツアーの様子を同行してくれたあびるさんがアップしてくれています。

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。