普段行きたいのは、こんなところ。一乗寺の「まごころや」

  • ブックマーク

だいぶ前ですが、行ってきました、近所の居酒屋「まごころや」

近いから…という、ただそれだけの理由で行ったんですが、
これが、なかなかの当たり!でした。

場所は高野の交差点を少し北へ行った、東側にあります。
店内は、店の中央にバーのようなカウンター席(そして掘りごたつ式)
奥に、座敷席(こちらも掘りごたつ式)、そして、2階には個室があるようです。
割と広め。和な雰囲気だけど、照明が暗めでシックな印象。

 

豊富な定番メニューに加え、本日のオススメもわりと品数あり。
「本日の料理」っていうのがあると、ちゃんと新鮮な素材を使って、
そのときに一番おいしいものを提供してますよってイメージで嬉しい。
左の写真は、そら豆とエビの天ぷら。
ほっくほくのそら豆とぷりぷり歯ごたえのいいエビ、
お酒も進むサイコー!な組合せ。塩だけで、すごくおいしい。

右の写真は、パリパリするサラダ(600円)
ボリュームたっぷり、ドレッシングたっぷり。
食感のいい食材は、なんだろう?細切りにした春巻きを揚げたような。

  

そして、天ぷらの盛合せと、プチおにぎり(400円)。
このほか、お造りの盛合せをオーダー。このお造りがまたおいしくてビックリ。
ただの居酒屋となめたらイケマセン。想像以上のおいしさでした。
お造りがおいしいと、いろんな意味で「正しい店」だと思う。

あと、ドリンクを持ってくるのが早くて、とても気持ちがいい。
料理が出てくるのも、とてもスムーズ。
あまりに早く持って来てくれたので
食べるのが追いつけないほどだったけれどね(笑)

全然気を使わず、おいしく、リーズナブル、という3拍子揃った居酒屋さん。
あ、お酒飲みたい!って思ったときに行きたくなるのって、実はこういうところ。

この週末、いかがでしょうか。
子連れでも(きっと)大丈夫な雰囲気でした。

お食事処 まごころや
住所:京都市左京区一乗寺大新開町20-3
電話:075-722-0441
時間:ランチ11:30~14:00 ディナー17:30~24:00
休日:木曜日 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。