普段行きたいのは、こんなところ。一乗寺の「まごころや」

広告

だいぶ前ですが、行ってきました、近所の居酒屋「まごころや」

近いから…という、ただそれだけの理由で行ったんですが、
これが、なかなかの当たり!でした。

場所は高野の交差点を少し北へ行った、東側にあります。
店内は、店の中央にバーのようなカウンター席(そして掘りごたつ式)
奥に、座敷席(こちらも掘りごたつ式)、そして、2階には個室があるようです。
割と広め。和な雰囲気だけど、照明が暗めでシックな印象。

 

豊富な定番メニューに加え、本日のオススメもわりと品数あり。
「本日の料理」っていうのがあると、ちゃんと新鮮な素材を使って、
そのときに一番おいしいものを提供してますよってイメージで嬉しい。
左の写真は、そら豆とエビの天ぷら。
ほっくほくのそら豆とぷりぷり歯ごたえのいいエビ、
お酒も進むサイコー!な組合せ。塩だけで、すごくおいしい。

右の写真は、パリパリするサラダ(600円)
ボリュームたっぷり、ドレッシングたっぷり。
食感のいい食材は、なんだろう?細切りにした春巻きを揚げたような。

  

そして、天ぷらの盛合せと、プチおにぎり(400円)。
このほか、お造りの盛合せをオーダー。このお造りがまたおいしくてビックリ。
ただの居酒屋となめたらイケマセン。想像以上のおいしさでした。
お造りがおいしいと、いろんな意味で「正しい店」だと思う。

あと、ドリンクを持ってくるのが早くて、とても気持ちがいい。
料理が出てくるのも、とてもスムーズ。
あまりに早く持って来てくれたので
食べるのが追いつけないほどだったけれどね(笑)

全然気を使わず、おいしく、リーズナブル、という3拍子揃った居酒屋さん。
あ、お酒飲みたい!って思ったときに行きたくなるのって、実はこういうところ。

この週末、いかがでしょうか。
子連れでも(きっと)大丈夫な雰囲気でした。

お食事処 まごころや
住所:京都市左京区一乗寺大新開町20-3
電話:075-722-0441
時間:ランチ11:30~14:00 ディナー17:30~24:00
休日:木曜日 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!