猫の傘。

  • ブックマーク

先日、京都造形大学の春秋座で開かれた
京都の花街と芸能についての第一回シンポジウム
「京都のくるわと芸能研究会」へ行ってきました。

くるわ=花街とは、そのとき初めて知ったのですが…。
パネリストの方が、京舞井上流家元の井上八千代さんとか
祇園お茶屋廣島家女将の清水久子さんとか、それはもう名だたる方々。
そのせいか客席にはかわいい舞妓ちゃんの姿も。

京都芸能の奥深さ…というか、
京都人の本質というか…に触れられたようで
とっても勉強になりました。

ライターの椿屋さん、イラストレーターの辻ヒロミさん
ご一緒させてもらって、ありがとうございましたー。

で、この写真はなにかというと。
造形大の大階段を上がったところにある、巨大な傘のオブジェ。
デザイナー佐藤卓さんの作品で、タイトルは、「猫の傘」
あまりの迫力に記念写真。

このサイズ!常識や既成概念を軽々と飛び越えるこの発想。
一目見ただけで、アートの醍醐味を味わうって感じ。素晴らしい!

この傘、椿屋さんのブログでも紹介されていて、対比のため私ちょこっと写っています(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。