私の理想はかあさんぐま…絵本「こぐまのくまくん」


img_6782

 

もう1ヶ月以上前のことになるけれど、
絵本専門店「メリーゴーランド」の店長、鈴木潤さんのおはなし会があって、
聞いてきたのでした。

そこで潤さんが紹介されていた絵本が、装丁もお話もあまりに素敵で、即購入。


bgt?aid=161026339959&wid=001&eno=01&mid=s00000016689001006000&mc=1

0

 

それは、こぐまのくまくんとおかあさんの素敵なやりとり

雪が降るある日、こぐまのくまくんが外で遊ぶのは寒いから、
なにか着るものをちょうだいという。
熊なんだから、毛皮を着ていて寒くないはずなのに…と、かあさんぐまは言ったりせず、
帽子をこしらえてあげ、まだまだ寒いと何度も外から戻ってくるくまくんに
次々とオーバーやズボンをせっせとこしらえて、着せてあげます。

それだけ着てもなお「まだ寒いから、けがわのマントがほしい」といったくまくんに、
かあさんぐまがどうしたかというと…
img_6781

かわいらしいイラスト共に絵本を読んでもらうのが一番なので、あまり詳しく書かないけれど、
かあさんぐまは、決してくまくんの思い(勘違いや思い込みも)を否定したりせず、
常にまるごと受け止めていて、ちゃんとくまくんと向き合って、優しい言葉でお話をしていて
そこがすごく素敵だなぁ、私の理想はこれだなぁって絵本を読むたびに思うのです。

まるごと受け止めるからといって、くまくんの言いなりになるかというと決してそうではなく
最終的には、かあさんぐまが伝えたいことが、ちゃんとくまんくんに伝えられているのです。
上手に導くというか、くまくんが自分で気が付けるくように、諭すというか。

お話は全部で四つ。

「くまくんと けがわのマント」
「くまくんのおたんじょうび」
「くまくんのつきりょこう」
「くまくんのねがいごと」

つきりょこうに行くお話もこれまた面白くて、
かあさんぐまの接し方は、子育てのヒントにもなるなぁと思ったのでした。

厚みのある紙、美しいイラスト、素敵なお話。
子どものためというより、自分のために買って
これからも何度でも読み返したいなぁと思っています。

 

 

 



2016年07月22日 | Posted in 子育て, 読書日記 | タグ: Comments Closed 

関連記事