我が家の梅仕事、完了。

この記事を書いた人

江角悠子

京都在住フリーライター。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

庭の梅の木に、盛大に梅の実がなっていた頃は、否が応でも梅仕事をしていたのですが、手入れをしてあげられなくて、葉は伸び放題。2〜3年前からは全然実がつかなくなり、今年は梅仕事できないかなぁと思っていたら、近所の友達まきちゃんが大量の梅をおすそ分けしてくれて、梅仕事できることになったのでした。

text by 江角悠子(@ezu1030

梅仕事2017

ヘタをとる作業をしていたら、3歳の娘もやってみたいというのでやらせてみたところ、意外と上手にとってくれてびっくり。あのヘタがきれいに取れる瞬間は、気持ちいいよね!ってことですっかりはまって夢中になってやっていました。

昨年、忘れないようにと残しておいた「梅の酵素ジュースレシピ」を参考に。

白砂糖ではなく、きび砂糖で作ったので、どす黒い色をしています。梅雨真っ只中といった雨の日ですが、こんな梅仕事をする時期だから、梅雨、というのかなぁとか思いつつ。この週末くらいには飲めるかなぁ。楽しみ楽しみ。

では皆様も良い週末を!

note(有料)はこらち

月刊マガジン「京都くらしの編集室」はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。そのほか、短いエッセイや日々の気づきなど綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします