永遠にハタチ。


今年もまた10月30日がやってきて、1つ年をとりました。
今日からめでたく35歳。

23歳以来、誕生日が来て毎年思うことは、また妹と年が離れてしまったなぁということ。
ずっと2つ違いで育ってきたのに、交通事故で亡くなって以来、年をとるのは私だけ。
妹の真理子は、もう誕生日が来ても年をとることができない。

そう思うと、誕生日が来てまた1つ年をとるということは、
女の人は嫌がったりするけど、とてもありがたいことなんだなぁという気がしてきます。

そしてライターになるずっと前、
妹のことを忘れないように、と思って作った本があります。

9b892a3c

「永遠にハタチ」

真理子はもう年をとらない、「永遠に二十歳なんだなぁ」と思って、つけたタイトル。
花園のエッセイ(01)を読んだ人は、もしかしたら覚えているかもしれませんが、
私がライターを目指すきっかけとなった本でもあります。

つたない文章で直したいところ満載ですが、
この本を読んで、一人でも「飲酒運転やめよう」とか
なにか感じてくれるところがあればなぁということで、ここに公開することにしました。

本のページは、右下にある「next」の文字をクリックすると進みます。

実は、この本を作るきっかけを与えてくれたのが、当時大学生で、
今一緒に、ココチ本を作っているココチの店主・麻衣さん。

しばらく連絡も途絶えていたのに、
10何年後にまた巡り巡って再会して、
一緒に本を作ってるって、すごい奇跡だなぁと思います。


2011年10月30日 | Posted in 執筆記事 | タグ: 12 Comments » 

関連記事