奈良・吉野の桜

  • ブックマーク

先週のある日、桜終わりかけの京都を飛び出し、奈良の吉野山までお花見へ。

京都より南だし、桜大丈夫かなと思ったのだけど、
タクシーの運転手さんによると、
吉野の桜は開花が少し遅く、しかも山全体に桜の木があるから
山の下にある桜から上に向かって徐々に咲き、
1ヶ月くらいは桜を楽しめるとのこと。

そんなアドバイスから、花見の行き先を奈良市内の観光から、吉野山へ変更。
当初、車で行こうと思っていたのだけど、これもタクシー運転手さんの
アドバイスにより、電車に変更。
近鉄の特急に乗り、京都市内から約1時間40分ほどで吉野の山のふもとへ。

駅からすぐのところにケーブルカーがあったので、
それに乗って山の上へ。
特急電車も満員だったけど、ケーブルカーもスゴイ人。

ケーブルカーを降りて、山の奥へ進む道の両脇には、
和菓子屋さんや柿の葉寿司のお店、和雑貨屋さんなどがズラリ。
お祭の屋台が並んでいるようで楽しい。
みたらし団子を食べつつ(まさに花より団子)、桜を愛でる。

写真は、金峯山寺(きんぷせんじ)の桜。ほぼ満開。

このお寺がある辺りは、下千本と呼ばれるエリア。
中千本エリア位まではちょうど今が見ごろ。
上千本、奥千本はこれから満開の時期を迎えるようなので、
まだまだこれからでも充分に桜が楽しめます。

ちなみに、私は下調べが全然出来ていなくて行きそびれましたが、
金峯山寺からさらに奥へ進んだ吉水神社の境内から、
中千本の桜が一望できるそう。
豊臣秀吉もそこから桜を眺めたという絶景だとか。
あー、近くまで行きながら、絶景を見逃したことがものすごく悔やまれる!

吉野の桜情報

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。