隠れた桜の名所…京都御所周辺、早咲きの桜巡り、その2

  • ブックマーク

続き…。

●京都御所内、皇宮警察本部京都護衛署内

 

華やかな桃園から南西へ行ったところ。
皇宮警察の門の中の「平安の庭」に咲くしだれ桜。
人もまばらなこんなところに、こーんなに立派な桜が。

これまでに見た桜の中でも断トツに、花がぎっしりという感じ。
地面スレスレの枝の先にまで桜の花がたっぷり付いて、
きれいに咲いています。見ごたえあり。

でもなんで、ここだけこんなに立派なんだろう?という疑問に、
「一般の人が入れないので、木の周りの土を踏み固められることもなく、
写真を撮る際に、人に枝を触られることもないので、
それでこんなにもいっぱいの花を咲かせているんでしょう」と
Sカメラマンさんが教えてくれました。なるほど、どうりで。

●京都御所内、出水の桜

御所内の西側に小川が流れているところがありますが、
その向かい側辺り。

 

桜の花は蕾のころが一番ピンク色が濃くて、満開に近づくにつれ
桜の木全体がピンクから白色になっていくのだそう。
花に近づいてよーく見てみると、端の方がピンク色が濃く、
内側は薄ピンク色のグラデーションになっています。

これも、Sカメラマンさんに教えてもらったこと。
さーすが、いろいろ撮影し尽くしているだけあって、知識が豊富で感心しきり。
桜のことを詳しくないと、どう撮ったらきれいに写るか分からないものね。

それにしても、すごーく繊細な美しさ。そうやって見ると、また一層桜がきれい。

●有栖川宮旧邸

京都平安女学院の北側にある、有栖川宮旧邸。
塀を越えて、立派な枝垂れ桜が咲いています。

●京都府庁内の桜

最後、忘れちゃあいけないのが京都府庁旧本館の桜。
この日は、閉館していて入れなかったんですが。

 

写真は、昨年のもの。

今年の一般公開は、もう始まっているようです。
でも中庭へは、一般公開の期間でなくても入れるとか(bySカメラマンさん)

と、ドドドーッと紹介しましたが、これ全部半日もあれば回れます!
晴れ間が覗くであろう今週末辺り、テクテクと桜巡りを楽しんでみてください。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。