女子ならきっと好き! 豆皿が可愛いランチ「出町ろろろ」

  • ブックマーク

だいぶ前に取材に行ったんですが、
とってもいいお店を紹介するのを忘れていました。
出町柳にある、その名も「出町ろろろ」。

 

自分たちで改装したという町家。
靴を脱いであがるカウンター10席だけのこぢんまりとしたお店です。

  

そこでいただけるのは、こーんなに可愛いランチ。
豆皿にのった料理が10種類も!
1日限定10食の「ろろろ弁当」。
これで1050円だなんて、お得すぎるー。

この日のメニューは、

�@焼ナスおろし玉ねぎだれで
�Aづけきゅうりの辛子和え
�B伏見唐辛子と切り干し大根の炒め煮
�C空心菜のお浸し
�D梅じゃが芋
�Eオクラとみょうがとつるむらさきの和え物
�F胡麻トーフ塩大葉のせ
�Gかぼちゃレモン煮
�Hズッキーニのかきあげ
�I出し巻長芋あんかけ

料理にかける手間ひまを思うと、1050円というのが、申し訳ないくらい。
大原の野菜を中心に、おばんざい8種とメイン2種。
そして、土鍋で炊くご飯とおつけもの。
土鍋で炊くからおこげもあったりして、香ばしくおいしい~。
おまけにご飯はおかわり自由と、どこまでも太っ腹。
ランチの内容は2週間ごとに変わるそう。

そしてこれら素敵な料理を作る店主の田中さんも、とっても魅力的な人で。
カウンター越しのトークも楽しく、ついつい長居の取材となってしまったのでした。

店内では、豆皿も販売(300円)。
トレイにのった豆皿が可愛らしく、真似して欲しくなってしまいます。

こちらのランチ、とっても人気&10食限定なので、かならず予約を。

出町ろろろ
住所:京都市上京区今出川通寺町東入ル一真町67
電話:075-213-2772
時間:12:00~14:00(LO)、18:00~22:00(LO21:00)火曜、第1、3月曜休み

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。